カテゴリー: 5.0

まほり(高田 大介)

また凄い本に巡り合ってしまった。信仰というものがどのように形成されていくのか、日本における宗教というものはどういう位置づけなのか、風習はどのように変化してくのかなどが、しっかりとした資料と共に示されていて、小説を読む楽し…

全文を読む

夜の谷を行く(桐野 夏生)

連合赤軍による事件が起こったのは私が生まれる数年前のこと。出来事としては知っていたが、極左集団によるテロ事件という程度の認識しかなかった。この作品の主人公は、連合赤軍に参加した一人の女性。逮捕されて服役したのち、当時の仲…

全文を読む

始まりの木(夏川 草介)

未来を照らす一冊を見つけた。 民俗学を専攻する大学院生の藤崎千佳は、偏屈な民俗学者・古屋神寺郎の元で学んでいる。千佳は、脚の悪い古屋の荷物持ちとして各地を一緒に巡りながら、民俗学とは何を学ぶ学問なのかということから、そも…

全文を読む

天上の葦(太田 愛)

渋谷のスクランブル交差点で、高齢の男性が天を指した直後に絶命した。興信所の鑓水の元へ、この男性が最期に見たものが何かを調べてほしいという依頼が来る。鑓水は、修二とともにこの事件を調べ始める。 一方、謹慎中の警察官・相馬の…

全文を読む

犯罪者(太田 愛)

白昼に発生した通り魔事件で4人が死亡、1人が負傷して行方不明となった事件。被害者であり唯一生き残った修二は、再び命を狙われることになるが、この通り魔事件の裏には巨大な犯罪があった。 はみ出し者の刑事・相馬、友人の鑓水は、…

全文を読む

吉原十二月(松井 今朝子)

江戸時代の中頃、田沼意次が権勢を握っていた時代、吉原はそれはそれは華やかな活気に溢れていた。大籬の舞鶴屋四代目楼主である庄右衛門は、売られてきた二人の少女を立派な花魁に育てるために心血を注ぎ、その成長を見守っている。やが…

全文を読む

シューマンの指(奥泉 光)

シューマンの文学的音楽、そしてその生き方が、現代を生きる若者を導く。その先にあるものは光なのか闇なのか。 里橋優の元に、鹿内堅一郎から驚くべき手紙が届いた。かつて天才と呼ばれたピアニスト・永嶺修人が、失ったはずの指を克服…

全文を読む