カテゴリー: エッセイ

ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー(ブレイディ みかこ)

福岡生まれ・イギリス在住の著者が、アイルラド人の夫との間に生まれた息子のこと、息子が通い始めた「元底辺中学校」ことなどを通じて、大切なことを考えさせてくれる作品。息子さんの感性がとても素晴らしく、子どもたちから大人が学ぶ…

全文を読む

日日是好日 ―「お茶」が教えてくれた15のしあわせ―(森下 典子)

心の足りない部分にすっと入ってくる素晴らしいエッセイだった。日日是好日の意味、文字としては理解しましたが、私自身が本当に気づけるのはいつになることか。日々、気づかないでいる沢山のことに気づいていきたい。 個人的おすすめ度…

全文を読む