カテゴリー: 本屋大賞候補作

教場(長岡 弘樹)

警察学校は生半可な気持ちでは卒業できない。しかし、実際の現場に出てから命を削って仕事をしなければならない彼らにとって、ここでの学びは覚悟を決めるための時間でもあるのかもしれない。 警察官になろうとする一人ひとりにドラマが…

全文を読む

ヘヴン(川上 未映子)

公平な世の中など幻想に過ぎない。十四歳の僕が知った現実だった。だから自分でどう生きるかを決めなくてはいけなかった。たった一人の友達だった彼女がそのことを教えてくれていたのに。圧倒的な切なさと虚しさ。彼が最後に見た普通の世…

全文を読む

ピエタ(大島 真寿美)

ヴェネツィア共和国の孤児院ピエタは、付属の音楽院を併設していた。そこで合奏・合唱の娘たちを指導していた作曲家アントニオ・ヴィヴァルディの訃報が教え子だったエミーリアに届く。ピエタ及びヴィヴァルディに係わった女性たちの交流…

全文を読む

きみはいい子(中脇 初枝)

親と子の問題を描いた5編の連作短編。「寄せ集め」と評されるニュータウンでは、お互いに他人にはあまり深くは関わらない。家の中では、暴力やネグレクトなどの虐待があっても、それを取り繕う親もいて、問題が表面化しづらい。この本は…

全文を読む

夏物語(川上 未映子)

人が生まれて、生きるということは、辛いことなのだろうか。それは誰にとって幸せなことなのだろうか。 一部は、主人公の夏子と、姉の巻子と姪の緑子の物語。家族だからこそ感じてしまうわだかまり、その空気感が行間から伝わってきて、…

全文を読む