カテゴリー: 本屋大賞翻訳小説部門

三体(劉 慈欣)

天体力学の三体問題をモチーフにした中国発のSF小説。科学技術の発展が人類に齎した功罪を考えさせるのかと思えば、科学的に興味を惹かれるアイデアもあり、先の読めない展開に興奮しながら頁を捲った。まさにSFの王道!三部作の第一…

全文を読む

13・67(陳 浩基)

香港を舞台にした傑作サスペンス!警察官クワンが次々と難題に立ち向かう連作短編の形だが、すべてを読んだときに解明される事実に感動する。まるでアクション映画を見ているようなスピード感があり、寝る間を惜しんで次の展開を読みたい…

全文を読む