カテゴリー: ヒューマン

路(吉田 修一)

台湾に日本の新幹線を導入する大きなプロジェクトが始動する。商社に勤務する多田春香は、そこに携わるために現地で活動を始めるのだが、彼女の台湾への思いは特別なものがあった。かつて、台湾へ行ったときに出会ったエリックという男性…

全文を読む

最低。(紗倉 まな)

四つの短編は、それぞれが女性たちの物語。母や姉との相いれない生き方の違いを描いた1章、仕事としてAV女優をしながら、AV会社を経営する彼を支える2章、セックスレスとなった夫との関係に不満を感じながらAVに出演する3章、そ…

全文を読む

イマジン(有川 ひろ)

映画の制作に携わりたかった良井良助が、ドラマや映画の制作現場で成長していく様子と、そこに携わる人々の情熱を描いた爽快なヒューマンコメディ作品。 夢をもって上京した良助は、挫折を味わって惰性のような日々を送っていた。そんな…

全文を読む

類(朝井 まかて)

森鷗外と妻、そしてその子供たちの生涯を、末子の森類の視点から描いた力作。千駄木の自宅の風景とそこに暮らす主人公らの姿が克明に浮かぶ。鷗外が亡くなってからも、家族の人生は鷗外なくして語られることはなかっただろう。 類は両親…

全文を読む

人質の朗読会(小川 洋子)

日本から見て地球の裏側でゲリラの人質になった人々が語る物語。死と背中合わせの中で語られる人生の一瞬は、もしかしたら偶然隣り合った他人が過ごしてきた一瞬かもしれない。すべての人にドラマがあり、自分自身にもきっとドラマがある…

全文を読む