カテゴリー: ヒューマン

魂萌え!(桐野 夏生)

主人公は五十九歳の主婦。恙無い夫婦生活を送ってきた。しかし、夫が突然死してまもなく、夫の携帯電話に女性からの電話がかかってくる。夫の隠し事が明らかになり、また、息子と娘は母親の心など慮ることもなく相続の話をする。仲良くし…

全文を読む

少年と犬(馳 星周)

飼い主を失ったと思われる多聞(たもん)という犬との出会いが、人々の心を隙間を埋めていく。東日本大震災によって仕事をなくした男、窃盗団の外国人など、各章ごとに問題を抱えた人間の視点から描かれる物語だが、主人公はあくまで犬で…

全文を読む

甘夏とオリオン(増山 実)

主人公の甘夏は、大阪で落語の世界に飛び込んだ。しかし、ある日、何の前触れもなく師匠が失踪する。甘夏は兄弟子たちと一緒に「師匠、死んじゃったかもしれない寄席」を始める。 弟子入りした頃の甘夏は、人間としても半人前、社会人と…

全文を読む

銀花の蔵(遠田 潤子)

奈良の醤油蔵を受け継いでいく家族模様を描いた人間ドラマであり、蔵をめぐるある謎を紐解いていくミステリーでもある本作。様々な伏線が張り巡らされた綿密な構成が素晴らしく、それでいて登場人物たちの表裏両面の心も見事に描いている…

全文を読む

あしたの君へ(柚月 裕子)

家庭裁判所調査官という仕事がどんな役割を果たしているのか、この作品を読んで少しだけ理解することが出来た。デジタル技術が進んでも、人の心を想像して寄り添えるのは生身の人間しかないと改めて思う。 主人公は研修期間中の調査官補…

全文を読む

雲を紡ぐ(伊吹 有喜)

羊毛を織って作るホームスパンは、様々な色に染め毛をより合わせて糸をつくることで、様々な色合いを生み出すことが出来る。それはまるでたくさんの人が互いに繋がって美しいハーモニーを奏でるかのようである。 学校に行けなくなった高…

全文を読む

ピエタ(大島 真寿美)

ヴェネツィア共和国の孤児院ピエタは、付属の音楽院を併設していた。そこで合奏・合唱の娘たちを指導していた作曲家アントニオ・ヴィヴァルディの訃報が教え子だったエミーリアに届く。ピエタ及びヴィヴァルディに係わった女性たちの交流…

全文を読む