カテゴリー: 3.0

首里の馬(高山 羽根子)

沖縄の郷土資料館で資料整理を手伝う主人公の未名子は、ある変わった仕事を始める。それは、遠くにいる人たちにオンラインでクイズを出題して交流するというものだった。そして、ある日、未名子が暮らす家の庭に大きな動物が迷い込んでく…

全文を読む

伊豆の踊子(川端 康成)

ノーベル文学賞作家・川端康成氏の作品は、過去に「眠れる美女」しか読んだことがなかった。今回、二十代の頃に書いた名作「伊豆の踊子」を読み、著者の若々しい感性に触れた。二十歳の青年が一人旅の途中で旅芸人の一団と出会い、その中…

全文を読む

影裏(沼田 真佑)

男が岩手でただひとり心を許した相手は、いま何どこにいて、何を思っているのだろうか。釣りをしながらする何気ない会話から、小さな喜びと大きな孤独感を感じる。震災が発生し、相手の実家を訪ねるシーンは、人生のやるせなさを感じずに…

全文を読む

爪と目(藤野 可織)

芥川賞受賞作の「爪と目」ほか2作を収録した短編集。表題作は、子供の視点から描いた父親の愛人の話で、アンバランスな関係性を淡々と描いている。個人的には「ちびっこ広場」で描かれる母子の結末が、想像を掻き立てるようで面白かった…

全文を読む

雪山飛狐(金 庸)

中国人ならみんな知ってるという作家・金庸の作品を初読書。清の時代を背景に、争い合う侠客たちが、自分たちが争う理由や目的などを明らかにしていくミステリー調の武侠小説。話を聞くより手が先に出てしまう面々だが、それぞれ人間味に…

全文を読む