カテゴリー: 3.5

心淋し川(西條 奈加)

千駄木の付近に流れていた心川(うらかわ)。その周囲に人々が住み着いて町となった心町(うらまち)。裏町を心町とするところが人情味のある場所を表している。人には言えない事情があってここに住むようになった人たちは、互いに適度な…

全文を読む

うなぎ女子(加藤 元)

鰻が食べたい──読み終えた第一声はそれだった。 鰻屋「まつむら」へやってくる女子たちの物語だが、5つの物語の中には常に典型的なダメ男の権藤祐一が出てくる。祐一と長く同棲している笑子、学生時代に祐一に告白して拒否された加寿…

全文を読む

境界線(中山 七里)

福島県気仙沼の海岸で女性の遺体が発見された。女性が所有していた身分証明書には笘篠とあった。五年前に東日本大震災で津波にさらわれた笘篠の妻の名前である。刑事の笘篠は現地へ向かうが、そこで見たのは妻とは別人の遺体だった。 笘…

全文を読む

KAPPA(柴田 哲孝)

茨城県の牛久沼には河童伝説がある。その地で、河童が人を殺したという通報が入る。発見された男の体は、何か大きな力で体を引きちぎられた無残な姿であった。犯人像が定まらないまま迷走する事件は第二の被害者が発見される。 この物語…

全文を読む