カテゴリー: 3.5

KAPPA(柴田 哲孝)

茨城県の牛久沼には河童伝説がある。その地で、河童が人を殺したという通報が入る。発見された男の体は、何か大きな力で体を引きちぎられた無残な姿であった。犯人像が定まらないまま迷走する事件は第二の被害者が発見される。 この物語…

全文を読む

浅田家!(中野 量太)

写真家であれば、写真とは何かということを考えるのかもしれない。そして悩み、シャッターが押せなくなることもあるのかもしれない。スマホが普及して、写真を撮るという行為そのもののハードルは下がったが、何のために、何を撮るのかと…

全文を読む

ワカタケル(池澤 夏樹)

日本の第21代天皇である雄略天皇(ワカタケル)を描いた本作は、今から千五百年以上前の古墳時代、現代とは倫理観も異なる世界を、人の世の物語としてしっかりと描いた作品である。 ワカタケルの身の回りには、常に死があったように思…

全文を読む

最低。(紗倉 まな)

四つの短編は、それぞれが女性たちの物語。母や姉との相いれない生き方の違いを描いた1章、仕事としてAV女優をしながら、AV会社を経営する彼を支える2章、セックスレスとなった夫との関係に不満を感じながらAVに出演する3章、そ…

全文を読む