タグ: 西加奈子

窓の魚(西 加奈子)

恋愛小説という先入観から読み始めた小説だったが、その期待は良い意味で裏切られた。二組の男女が温泉宿で過ごす一夜が、それぞれの視点から淡々と語られていくのだが、お互いの思いのすれ違いがなんとなく鬱々とした空気を感じさせる。…

全文を読む

ふくわらい(西 加奈子)

無機質な感じのする主人公が、徐々に変化して魅力的な人に見えてくる、心に残る作品だった。日々、鬱々と感じてる固定概念を壊してみたら、実際の世界はこんなにも素晴らしかった、と気づくような作品。 個人的おすすめ度 4.0

サラバ!(西 加奈子)

イランで生まれた日本人の主人公が成長していく物語。両親、姉、近所のおばちゃんなど、個性あふれる人々が登場し、まったく先が見えない展開に引き込まれていった。奇想天外な物語の一方で、主人公は、人と人の距離感という、人生を生き…

全文を読む