タグ: 青山文平

遠縁の女(青山 文平)

江戸中期の武家を描いた、表題作を含む三篇。 「機織る武家」は、貧しくなっていく家で、家族を支えるために機を織る妻を描く。家には、うだつの上がらない夫と、武家としての生き方に拘わる姑がいて、自分の居場所はとても小さい。一度…

全文を読む