-

カテゴリ : 
 » EXCEL
執筆 : 
admin 2012-7-29 3:15
EXCELを使っていて、EXCEL2007からわかっていたバグで、EXCEL2010でも修正されていないものがあることが判明しました。
MICROSOFT社には急ぎ対応いただきたい内容です。
ユーザーの方々にも注意事項として共有させて頂きます。

問題なのは条件書式の機能。
ひとつのセルに対して、ある条件を満たしたときに背景の色や文字の色などを自動的に変えることができる機能です。
使っている方は多いと思います。

ところがこの条件付き書式、ルールの管理で見た時にひとつのセルに複数の条件書式が重なっていることがあります。
しかも、過去に設定していたもので、上書きしてなくなっていると思っていた条件がそのまま残っているものが多数あったりします。
これによってEXCELがどんどん重くなり、最後にはメモリ不足で動かなくなるというトラブルに見舞われます。

このバグ、調べてみるとEXCEL2007のときに指摘している方もいたのですが、私が使っているEXCEL2010になっても改善されていないようです。これは酷いです。

現在の対応としては、この機能を使わないことをおすすめしますが、どうしても使う場合は、条件付き書式を入れたセルはコピー&ペーストをしないこと、あるいはその部分を変更するたびに条件付き書式を全部クリアして、再度条件を設定するようにマクロやVBAを設定することが必要です。

何のこと?とおもわれる方もいるかと思いますが、詳しく知りたい方はお気軽にお問い合わせください。

【異業種交流会の東京ビジネス支援センター】
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (63757)

メインメニュー

関連サイト



カレンダー

« « 2012 7月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最新のエントリ

  • (2013/05/16)
  • (2012/07/29)
  • (2012/03/11)
  • (2012/02/13)
  • (2012/02/05)
のトップへ

カテゴリ一覧

最新のコメント