-

カテゴリ : 
執筆 : 
admin 2012-1-31 19:11
日本では、マスメディアが情報を独占しています。電波は地デジになってもなお、特定メディアの独占市場です。海外ではTVと新聞社の両方を同じ会社がもつことを禁じているにも拘らず(情報独占になる危険性があるため)、日本ではみんな系列化しています。地デジではなくなぜネットTVを推進しなかったかと言えば、既得権益の保護以外にありえないと思えます。

地デジになれば双方向になると言われていた情報も、未だその兆しさえ見えません。SNSの世界では情報の双方向が当たり前ですが、都合の悪い情報は取り上げることさえしません。

一方で、ITが使えない人もまだ多く、特にテレビと新聞からほとんどすべての情報を得ていると言っても過言ではありません。その方々にとって情報は得るものであり、発信する、あるいは交換するものではありません。情報を一方的に受けるだけでは思考は停止しています。情報を発信したり交換したりすることで初めて思考が生まれるのだと思います。

もし今ITを使えない人がSNSを利用できるようになると、マスメディアによる情報の独占や情報操作は崩壊して行くと考えています。そうした社会になって初めて、しっかりとした自己責任を問うことができる社会が始まるのではないでしょうか。

まずはマスメディアの情報による洗脳を解き、自ら考える習慣をつけるという意味で、SNSの推進が不可欠であると確信しています。その第一歩として、今年一年をかけて、今までITを利用できなかった方々、特に高齢者の方にSNSの利用を推進していくことを考えています。

私自身、至らないことは多々ありますので、引き続き皆様のご指導をいただきながら、その先にある社会の変革を見据え、新しい時代を作って行きたいと思います。

※2012年1月30日にFacebookに投稿した内容です

事務代行の株式会社ソローサービス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4582)

カテゴリ : 
執筆 : 
admin 2012-1-26 17:23
一般的に経営を考えるとき、事務スタッフの給与は間接コストとして捉えられますが、事務のプロフェッショナルとしては、利益を生み出す事務を目指しています。

コスト削減によって利益を生み出すことはもちろんですが、組織を拡大するため=売上を増大するための仕組みづくりもまた、事務スタッフが係わる部分です。

大企業と中小企業の違いのひとつに、拡大していくための仕組みの有無があります。私は大企業と中小企業とともに経験してきた中で、大きくなる組織には必ずそのための仕組みがあります。逆に中小企業が大きくならない理由として、担当者がいないと業務が回らない、情報の蓄積や共有ができていない、といった課題があります。これらはいずれも改善することが可能です。

我々はプロの事務・ジムニストとして、お客様に直接的な利益をもたらす仕組みづくりを行い、お客様と一緒に成長して行ける会社を目指しています。もしピンとくる部分がありましたら、いつでもお気軽にお声がけ下さい。

事務代行のソローサービス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4422)

カテゴリ : 
執筆 : 
admin 2012-1-17 13:47
皆様は、事務という仕事にどのようなイメージをお持ちでしょうか?

事務代行は、作業を売る仕事ではありません。時給で身を削るようなことでもありません。まして、機械がやればいいだけの仕事でもありません。

事務は、全ての仕事の基本であり、会社全体のことを考える創造的な仕事でなくてはなりません。意味もわからず、言われたことをただこなすだけなら、コンピュータの方がよほど正確です。そうしたものは、いずれ機械がやってくれるようになります。

会社として、あるいは社会として、目的を円滑に達成するために、必要な仕組みを考え、遂行して行くのが事務のプロフェッショナルだと言えます。

キーボードをパチャパチャと目にも止まらぬ早さで打っている横で、ボタンひとつ「ポチ」で出来てしまうようにするのが、本当にすべてを理解している事務の仕事です。大量に山積みされている書類を1枚で済むようにしてしまうことも、業務全体を把握している事務がやるべき仕事です。

で、効率化して仕事がなくなるのかと言ったら、事務のプロは、もう次のより創造的な仕事をするために頭を使っています。

ようするに、事務という仕事は、係わるすべての人の脳をよりクリエイティブなことに使ってもらえるようにすること。会社全体をクリエイティブにする仕事です。

そんな仕事をする事務代行屋を探しているという方、ぜひクリエイティブな事務代行屋ソローサービスにお声がけください。

素材提供:フリー素材の来夢来人

事務代行・業務改善のソローサービス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4427)

カテゴリ : 
執筆 : 
admin 2012-1-16 2:44
本当に仕事ができる人というのは、自分の仕事を人にきっちり説明できる人です。実際には、なんとなくできるけれども、人に教えることができないということがあります。実はこれ、多くの中小企業であることで、その人がいないと仕事が止まってしまうということになります。

成長する企業というのは、すなわち人が成長している企業です。人が成長するためには、今している仕事を人に渡して、自分はさらにステップアップした仕事をしていく必要があります。仕事の棚卸しというものです。

新しい仕事をするには、まず自分でそのことを理解し、できるようになること=インプットすることになります。大切なことはここからです。インプットしたものを、すかさず人に伝えられるように=アウトプットできるように整理していくこと。これが仕事が出来る人、成長する人の行動です。

今の自分が持っているものを守るのではなく、一旦アウトプットすると、自分はさらに新しいものを得なくてはいけないというプレッシャーにもなるので、結果として成長するモチベーションになります。

経営者であれば、スタッフがこうしたモチベーションを持って成長して行けるような仕組みを考える必要があります。また、経営者自身もインプットとアウトプットを繰り返して、人も育てながら、自らも成長しなくてはなりません。

このアウトプットができるようになること、それがビジネスでは大切なスキルです。

弊社の仕事で言うと、この作業はマニュアル作成に繋がってきます。今ある仕事を誰でもできるように可視化する作業です。これをすることによって会社のリスクも減りますし、人も育つようになります。

なかなか自社ではできないなと思っている方は、弊社でマニュアル作成のお手伝いもしていますので、一度ご相談下さい。簡単なヒアリングとご提案までは無料にて対応させて頂きます。

事務代行のソローサービス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4466)

カテゴリ : 
執筆 : 
admin 2012-1-3 2:36
ソローサービスを設立して、4月で4期が終了します。
感謝すべき多くの出会いがあり、今日を迎えることが出来ました。

昨年の目標は達成できたもの、できないものもありましたが、今年の目標を改めて設定しましたので公開します。

ソローサービスとして
『1事業で年商1億円を見込むことができる新規事業を開始する』

個人として
『プレゼンテーションスキルを磨き、自らの生き方を語れるようにする』

前者は、今期で1億円ということではありませんが、今後3年間のうちに1億円を越える事業として育て、将来はもっと大きな事業とすることを前提としています。

後者については、私個人の評価では客観性に欠けますので、私のプレゼンを聞いて頂いた方が1年たったときに成長したと言って頂けることを指標とします。

目標を公開することで常に意識するということもありますが、月次の目標、そして日時の目標もきっちりと立て、それを着実にクリアして行くことで、その先の大きな達成が待っています。

今年ももう2日が過ぎました。時間は待ってくれません。
まずは今日一日なすべきことをしっかりと実行して行きたいと思います。

【異業種交流会・ビジネス交流会・セミナーの東京ビジネス支援センター】
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (4009)

メインメニュー

関連サイト



カレンダー

« « 2012 1月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最新のエントリ

  • (2013/05/16)
  • (2012/07/29)
  • (2012/03/11)
  • (2012/02/13)
  • (2012/02/05)
のトップへ

カテゴリ一覧

最新のコメント