-

カテゴリ : 
執筆 : 
admin 2012-1-16 2:44
本当に仕事ができる人というのは、自分の仕事を人にきっちり説明できる人です。実際には、なんとなくできるけれども、人に教えることができないということがあります。実はこれ、多くの中小企業であることで、その人がいないと仕事が止まってしまうということになります。

成長する企業というのは、すなわち人が成長している企業です。人が成長するためには、今している仕事を人に渡して、自分はさらにステップアップした仕事をしていく必要があります。仕事の棚卸しというものです。

新しい仕事をするには、まず自分でそのことを理解し、できるようになること=インプットすることになります。大切なことはここからです。インプットしたものを、すかさず人に伝えられるように=アウトプットできるように整理していくこと。これが仕事が出来る人、成長する人の行動です。

今の自分が持っているものを守るのではなく、一旦アウトプットすると、自分はさらに新しいものを得なくてはいけないというプレッシャーにもなるので、結果として成長するモチベーションになります。

経営者であれば、スタッフがこうしたモチベーションを持って成長して行けるような仕組みを考える必要があります。また、経営者自身もインプットとアウトプットを繰り返して、人も育てながら、自らも成長しなくてはなりません。

このアウトプットができるようになること、それがビジネスでは大切なスキルです。

弊社の仕事で言うと、この作業はマニュアル作成に繋がってきます。今ある仕事を誰でもできるように可視化する作業です。これをすることによって会社のリスクも減りますし、人も育つようになります。

なかなか自社ではできないなと思っている方は、弊社でマニュアル作成のお手伝いもしていますので、一度ご相談下さい。簡単なヒアリングとご提案までは無料にて対応させて頂きます。

事務代行のソローサービス
  • コメント (0)
  • トラックバック (0)
  • 閲覧 (5231)

トラックバック

トラックバックpingアドレス http://www.thoreau.co.jp/modules/d3blog/tb.php/4
参照元
2013-6-7 3:15
g to......more

メインメニュー

関連サイト



カレンダー

« « 2012 1月 » »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

最新のエントリ

  • (2013/05/16)
  • (2012/07/29)
  • (2012/03/11)
  • (2012/02/13)
  • (2012/02/05)
のトップへ

カテゴリ一覧

最新のコメント